blog

こんなときだから!心身のリフレッシュ

心身のリフレッシュ

 

ストレスを溜めると

ストレスを溜め続けると人間には、心身ともに不調をもたらします。

早期に解消できればよいのですが、少し続いている、体がしんどい、そんな方にオススメのストレス解消法をご紹介します。

 

 

自律神経が乱れる

脳が働くのも、心臓や胃腸が勝手に動くのも自律神経が働いているからです。

自律神経は、交感神経(活動する神経)、副交感神経(休む神経)のふたつの神経からなっています。

しかし、生活リズムの不調やストレスにより交感神経の働きが強くなり、副交感神経の働きが悪くなり、不眠や気怠さなどの体調不良が続くことも。

 

「うつ」などの症状が出る

先ほどの自律神経の乱れからも「うつ症状」がでることもあります。

酷い場合は、仕事だけではなく、趣味までもが億劫になります。

 

 

ストレスを溜めないためには

 

ストレス発散

人によってストレスの発散方法は様々ですが、日頃から自分のストレス発散方法を知っておく必要があります。

例えば、スポーツをする、ゲームをする、ドライブをするなどでも良いかと思います。

 

適度な運動

「運動」といっても突然、用品を揃え目標を立てておこなう必要はありません。

近所を散歩する、自然の中を散歩する、自転車で一駅先まで走る。このようなことでも結構です。

また、以前からやっている運動があれば、スケジュールを持ってやっても良いかもしれません。

あくまで、無理のない程度で続けられるものをオススメします。

 

ヨガなどのストレッチ

ヨガは呼吸とストレッチが合わさることにより、心身ともに癒されます。

しかも、自宅で空いた時間や就寝前におこなうことも可能です。

ヨガのやり方がわからないという方は、スマホやタブレットを間近に置き、YouTube動画などを参考にやってみるのも一つです。

 

瞑想

これはかなり簡単ですが、瞑想にふけることが難しいです。。。

しかし、どこでもできるのがポイント!

例えば、私の場合、釣りで寄った池や自然の中で、じっと座り、自分の呼吸にのみ神経を集中します。

すると、不思議と頭の中や気持ちがリラックスしますので、かなりオススメです!

 

ストレッサーから離れる

あまりにも調子が戻らない。このままでは心身ともに壊れてしまう。

そのような場合は、できるだけストレッサー(ストレスを与える外部からの刺激)を避けることも大切です。

なぜならば、心は壊れてしまうと治るのに時間がかかり、その後の仕事や生活に支障が出る可能性があるからです。

 

まとめ

現代の多忙なビジネスマンは、「ストレス」は避けて通れません。

ただ、仕事で最高のパフォーマンスを発揮するためには、日頃からの「ストレス発散」を心がけ、習慣化する必要があります。

皆さんもストレスの少ない素晴らしい人生を送ってください。

pagetop